市場流通は・・・2006年06月02日 00時17分18秒

市場流通は・・・・・
セリは
花屋さんは好きな産地をお金さえ出せば買える
産地は買う花屋さんを指定できない

前売りでは
花屋さんは早押しすれば買える
産地は買う花屋さんを指定できない

注文・予約相対では
花屋さんは市場の決定に従う
産地はOKするか決められる やっと顧客の特定が可能になる

現在、市場流通の主役はセリ前取り引きとなっている
大阪の市場では私たちのセリ率は20%以下となった
中央市場ではなかなか問題があるらしいが・・・

共選産地の私たちは決して高値ばかりを望んでいません
お互いの納得するバランスを望んでいます。
セリ取り引きを介在しないことで、顔の見えなかった関係から、
お互いに正体を表した関係へと発展しています。

もう見えない関係ではありません、
私たちは、PCガーベラを使ってくれている花屋さんの
全国ベスト10を把握しています。

市場流通は進化しています。
もう市場はフィルターではありません、
ムシ眼鏡のように拡大する機能を有し始めている。

PCガーベラの掟2006年06月02日 12時57分21秒

PCガーベラの規約の中で一番厳しいことは

一切の個人出荷を認めない ことです

庭先販売、ご近所さんに、花屋さんに・・・
PCガーベラブランドを通してのみ、換金できる仕組みです。
小学校、幼稚園、公的機関、JA・・・いろんな所から
提供要請がきますが、部会全体で対応します。
販売戦略を一本化して、完全共選共販体制を実施しています。

当然栽培技術が未熟な人は、出荷できなくなり
換金する手段も無く、大変な事態となります。

そこで、栽培技術を公開して、高度平準化に務めます。
当然、地区外の方たちとも交流を図り、栽培・販売を
含めた総括的な関係強化に務めています。

情報・技術・経験が交流のカギ、
市場・花屋さんとの関係も同じ、
ギブ&テイクの関係構築が進んでいる。

産地の情報、花屋さんの情報、交差している市場
今情報の通り道が出来つつある。

日本第2の都市は?2006年06月02日 19時40分03秒

人口一位は、当然東京都、では人口二位は
神奈川県になったらしい、
では、大阪府は第3位に落ちてしまった。

東京のベッドタウンとして人口流入が続く神奈川
オリンピック招致失敗、3セク破綻の大阪府
横浜市はいち早く大阪市を追い抜いている

関西ガンバレ! 村上ファンドに負けるな!
東京は便利な場所だけど・・・

一極集中は、文化には似合わない。
多様な文化があってこそのタテ長の日本列島

四季折々の自然を大切にする社会は、
生まれ育った地域の誇りと自慢に溢れ
地域独自の行事、伝承を継承してきた。

東京がグローバルスタンダードになり、文化をリードする。
地方は地域性を融合した、独自のスタンダードを創る。

そんな活性化した社会を望んでいます。

PCガーベラの組織運営2006年06月03日 19時51分38秒

PCガーベラはJAとぴあ浜松の一共販組織です。

通常、JAの組織といえば・・・JA職員が資料を作り、会議を召集し、
司会、記事運営・・・全てを受け持っている

私たちは、その全てを会員で運営している。
販売方針、役員、イベント、プロモーション・・・
全て会員主導で実施している。

JA職員はいくら有能でも、いずれジョブローテーションになる。
とくに問題なのが、横並び主義、前例主義、平等主義・・・
その全てが時代遅れの産物、

だから私たちは、農作物の組織をみる時は、
生産者主導かJA主導かで、ある程度評価している。

共販組織の隆盛は、担当JA職員の能力だった時代は
今や時代遅れと言わざるを得ない。
自分達で作ったガーベラを、自分達が考えて、納得して、苦悩して
いろんなプロモーションを実施して、販売しなくてはいけない。

そして、その決定的で象徴的な組織運営の特徴とは・・・
毎年、部会長を交代することです。
一人のスーパースター(生産者&JA職員)に頼らない
全体でディスカッションする仕組みがないと出来ないこと。

自分達の農作物評価、自分達の考え方、自分達の交友力、
それらを、一人一人が客観的に自己分析する能力、

そんな活性化した組織になりたいと思っています。

前回の続き2006年06月04日 20時16分40秒

PCガーベラは、栽培、販売、企画、品質の4委員会で運営されている。
それぞれの委員会には、スーパースター・プロがいる。
あくまで、その部門での事。

かくいう私は、マーケティング系の人間なので
栽培に関しては・・・・・素人に毛が生えた程度・・・

栽培の悩みは、部会のその筋の専門家に相談している。
ガーベラ栽培に携わり10数年が過ぎたが
まだまだ分からない事ばかり、経験と感性がモノを言う社会です。

要は、キブ&テイク
それぞれが専門家として、情報を入手して
実行できるプランにするかです。

だから・・・
私達の部会はスーパースターばかりです。
会員が納得するまで話し合いは続きます。
結果・・・全体会は日付変更線を超える、
それが結束を強め、責任感と達成感の刺激を生んでいる。