PCガーベラの組織運営2006年06月03日 19時51分38秒

PCガーベラはJAとぴあ浜松の一共販組織です。

通常、JAの組織といえば・・・JA職員が資料を作り、会議を召集し、
司会、記事運営・・・全てを受け持っている

私たちは、その全てを会員で運営している。
販売方針、役員、イベント、プロモーション・・・
全て会員主導で実施している。

JA職員はいくら有能でも、いずれジョブローテーションになる。
とくに問題なのが、横並び主義、前例主義、平等主義・・・
その全てが時代遅れの産物、

だから私たちは、農作物の組織をみる時は、
生産者主導かJA主導かで、ある程度評価している。

共販組織の隆盛は、担当JA職員の能力だった時代は
今や時代遅れと言わざるを得ない。
自分達で作ったガーベラを、自分達が考えて、納得して、苦悩して
いろんなプロモーションを実施して、販売しなくてはいけない。

そして、その決定的で象徴的な組織運営の特徴とは・・・
毎年、部会長を交代することです。
一人のスーパースター(生産者&JA職員)に頼らない
全体でディスカッションする仕組みがないと出来ないこと。

自分達の農作物評価、自分達の考え方、自分達の交友力、
それらを、一人一人が客観的に自己分析する能力、

そんな活性化した組織になりたいと思っています。