大阪ツアー番外編2006年08月31日 12時29分11秒


JFMAセミナーに出席して、少しドキッとしたお話・・・

キリンの小川典子先生の話です。
メディアの利用方法、その影響力の説明のとき

フロレアルの商品がいろんなメディアを賑わしている。
ガイアの夜明け直後の反響はかなりダイレクトだったそうです
キクをアレンジに使うアレルギーはだいぶ弱くなったとのこと

では、雑誌の場合の反応は? 男性と女性で随分違うとのこと
女性の場合は(女性誌)
①反応はすぐに現れ、売り場は一気に賑わう
②流行といってもキクはつかうな・・ポリシーを持っている
③具体的な使用されるシーン、シュチュエーションを説明する

男性の場合(男性誌)
①掲載商品と同じモノを要求する
②ロングランにリクエストがくる(賑わう程でもない)
③具体的な相手の特徴、シチュエーションをはっきり言わない

チョイ悪オヤジが流行しているが・・・
その実態は、ターゲットの40、50代は、自信が無いから
マニュアルを求めている、自分で選択、取捨てできないのでは・・・
というような内容でした。

団塊世代直後の今の40代は、若い頃にはメンズクラブ
ビーパルのようなファションや生き方のマニュアルで育ってきた世代、
過酷な生存競争もなく、出世、入試、就職・・・
比較的波風なく育ってきた世代です。

これから日本をリードしなくてはいけない我ら40代
元気を出そう! オリジナリティーを追求しよう! 多様な趣味を生かそう!
花の生産にしても、もっともっとこだわりを持とう、
そして、そのこだわりをもっとアピールしよう!
消費も生産も私たちが文化をリードしよう!!