帰ってきました!2006年11月08日 23時28分07秒


行ってきましたホルティフェアとブリッュセル・・・
異文化に触れる楽しみ、街の匂いに酔いしれてきました。

水が合わないとの事で・・・昼もビール、夜もビール、夜中は焼酎
マズイと言われていたオランダ料理は、
オランダに通い続けて16年の寺田さんのおかげで、
とっても楽しくおいしい時間となりました。

大陸性の乾いた空気、曇りと雨が交互、運河のよどんだ水、緑の牧場
そして、広大なガーベラハウス・・・

全てのスケールが日本とは違っていました・・・が
抱えている問題は日本と同じ・・・

施設の高度化は、資金負担も増大し、倒産も・・・
輸入攻勢にさらされ、特殊品目、品種への転換を図るのか?
スタンダード品種で嵐の去るのを待つのか?

世界の花き業界をリードするオランダは次の発展を何に求めているか?
オランダ国内生産者の悩みは、日本の明日
いくつかのヒントを得てきました

続きはまた明日!

オランダレポート12006年11月09日 13時12分52秒


今回は、種苗会社4社、生産者4社の合計8ヶ所の視察
種苗会社関係には旧知の人もおり、カタコトの英語で
コミュニケーション・・・なんとなく通じるからほんと不思議!?

毎年、オランダから発表される新品種は100以上
そのどれもが開発産地の輝きとプライドを持って咲いていました。

品種選定のポイントは、特に色の変化
ピンク系は日本に持ってくると、強い紫外線の影響で
一段濃い色になることが多い・・

かたやアプリコットも、濃くなったり、淡くなったり
極めつけは茶系・・・花弁が焼けるような症状が出たり・・・
品種選定は、やっぱり賭けです!

でも・・・魅力にはまってしまう!
ガーベラはオランダでも新品種の投入が多い品目です。

バラ、メリア、フリージア・・いろんな新品種展示を見たが
その数の少ないこと・・・
やっばり新品種の数は、品目活性化のバロメーター!!

その第一の理由とは
ガーベラは数少なくなってきた国内生産品目90%以上の事実
バラ、スプレイキクなどは圧倒的に輸入優位となっている

輸入品への対抗策として投入されたMPS・・・
しかし現実は・・・生産者の意図を反映しているとはいえない

訪問したガーベラ生産者の半数はMPSを取得していましたが
コスト負担とその効果については・・・・

そんなことを考えさせられたオランダのガーベラ生産者ツアーでした。

青山FMレディース軍団の登場!2006年11月09日 19時33分09秒


明日、青山フラワーマーケットの美女ご一行様が当地に来られます!
昨年に続き二回目となります。
桜井ママは何度も来ていますか・・・

昨年は大ヒット、メジャー、芸能人ばりの方ばかり
私は美人を前に・・・一言も言えない状態に・・・なるわけない!?

オリジナル品種を中心に、来年度導入品種の選定作業をしてもらいます
そして・・・自分で選んで、自分で売ろう!
思い入れ品種を見つけてください!!

オランダ、ベルギーの花屋さんは、花よりも葉物が多かった
スーパーの花部門にはいっぱいアレンジが置いてあったが
元気を感じなかったんです

日本の花屋のほうが元気じゃないか!
もしかしたら青山フラワーマーケットは世界一!?

今日は青山美人軍団、明日は日比谷軍団が・・・2006年11月10日 21時19分36秒


今日は青山フラワーマーケットご一行様10名が
私達のところに来てくれました!!

やっぱり美人で快活な女性ばかり
ガーベラ畑を見ては歓声、PCマシンには興味津々
思い思いに品種選定をしてくれた。

ガーベラ畑はいつも花ざかり
他の花は蕾で出荷するので、花色が分からず
花畑という感じがしない・・・ガーベラはいつも満開!!

ホルティフェアでのアレンジ見本のガーベラ使用率は
バラに次ぐ第二位!!
そして、青山フラワーマーケットでも・・・

歓声に溢れたガーベラ畑はいつもより輝いていた、
そしたら近くを通りかかった小学生が・・・
「ガーベラ下さい」と、なんと、去年ガーベラ収穫体験を経験した子でした!
「とっても綺麗だったのでもう一度欲しかった」
山のようにあげました!!
青山美人軍団が、去年の思い出も連れてきてくれた!!

そして・・・明日は、日比谷花壇軍団が来てくれる!
どうやら女性の数は・・・問題無し!!

フローレ21の花育イベントも開催される
私達のガーベラが、シャガール板とともに利用されます

女性、子供がカギ
花き業界が元気になるため、そして明日に繋がるため、
私達に出来ることはなんでも協力します!!

日比谷花壇様いらっしゃいませ!!2006年11月11日 21時02分49秒


昨日の青山フラワーマーケットに続き、
今日は日比谷花壇の美人コンビが来てくれた!!

大雨の中、高速を飛ばして登場したふたりは
昨日より、少しだけ肌の乾きがあるような・・・そんなことはない!?

青山さんとはウナギ(私はテンプラ定食)、今日は浜名湖ネタの寿司、
喜んでくれました!

会社が違うと、選定基準も当然変わります。
日比谷さんのセンス、青山さんのセンス・・・
いろんな花屋さんの感性を知ることはとっても大事なこと

生産者の選定基準は、ともすれば相当な勘違いが多い
ホルティフェアを見ても、積極的な提案型の品種導入が多い

今まで漠然としていた、クレパスの提供から
ライフシーンに合わせた品種の提案まで視野に入れたい!

私達のオリジナル開発は、いよいよそんな提案が出来そうだ!
そんな予感に溢れた二日間となりました!!